2014年07月22日

大平建築塾2014の概要・申込案内

大平2014チラシ_表.jpg 下紙屋から旧街道を「おおくらや」の方向を見る 2012_asano.JPG 2012_sora.JPG

晴れ2014年建築塾の概要です晴れ  (2014.7.26更新)

●日程:
平成26年(2014)8月9日(土)〜11日(月)

●場所:

長野県飯田市大平宿


●内容:

民家に宿泊し囲炉裏と竈で食事つくり

 障子はり、民家の周辺整備体験、建物実測・破損調査体験

 夜は、懇親会、星の観察など

本年の特別企画として―

   ・後藤治先生(工学院大学・教授)と囲炉裏をかこんで座談会

      「離村から45年、これからどうする大平」

   ・「いいだ人形劇フェスタ」への参加企画として「江戸糸あやつり人形」さんの公演


  ↓ 3日間の詳しいスケジュール

   http://sb-jin.seesaa.net/article/401738509.html


●申込み方法:

下記の参加申込みフォームからお申込みください。(E-mail/FAXでも可)

http://formmail.jp/00084413/



●申込み締切: 

2014725

2014年7月31日(木)迄に変更いたしました。

食材・宿泊棟・保険の準備がございますので

お早めにお申し込みいただけると助かります。


●持ち物:

白米(ひとり3合程度)、寝袋(事前申込にて11000円でレンタル可能)

ほか、詳しくは申込み受付け後にご案内いたします。


●交通手段:

自家用車/高速バス・電車

交通手段は申込書にご記入ください。飯田市からは通常バスなどがありません。高速バス・電車でお越しの方はJR飯田駅前より、送迎車等を用意いたします。

詳しくは申込み受付後、事務局からご連絡します。

にもご案内がございます。

http://sb-jin.seesaa.net/article/402209035.html


●定員: 

50名(先着順に受付けします)


●参加費(宿泊費、食事代、薪代、300/泊のトラスト募金を含みます。):

2泊3日 大人15,000円、学生10,000円、小中学生5,000円、幼稚園生以下は無料。

1泊2日 大人12,000円、学生8,000円、小中学生4,000円、幼稚園生以下は無料。

日帰りは無料(但し、食事に参加の場合は、一食につき500円いただきます。)


●参加費振込先:

申込みの上、参加費を以下にお振込みください。

受付後、事務局から注意事項等のパンフレットをお届けいたします。(Eメールもしくは郵送)

@ 郵便貯金 総合口座 記号 10040  番号 91126741

A ゆうちょ銀行 支店名〇〇八(ゼロゼロハチ) 講座No.9112674

名義 生活文化同人事務局 ※振込手数料は、参加者でご負担ください。


お問合わせ:大平建築塾2014事務局(中村・海東 もば建築文化研究所内) 

ブログ: http//.sb-jin.seesaa.net/

110-0001 東京都台東区谷中7−6−5 

TEL/FAX 03-6324-5801 E-mail oodairakenchiku@gmail.com


参加にあたりご不明な点がございましたら、上記の事務局宛てにご連絡ください。

お申込みお待ちしております!


大平建築塾実行委員事務局



posted by 生活文化 at 14:10 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

大平建築塾2014 いいだ人形劇フェスタ・江戸糸あやつり人形公演

建築塾2014、2日目8月10日の午前は

いいだ人形劇フェスタへの参加企画、プレゼント公演として、

紙屋にて「江戸糸あやつり人形」さんの公演を行います!

大平宿紙屋の空間で、どのような公演になるのでしょうか、楽しみです。


―公演概要―

・劇団:江戸糸あやつり人形

・演目:「かっぽれ」「酔いどれ」「都鳥」「獅子舞」


ed-yoid.1.2.jpged-sisi.1.2.jpg

(上記の写真は江戸糸あやつり人形さんHPより転載をご快諾いただきました。)


江戸糸あやつり人形さんHPはこちらです(別のウィンドウが開きます):


http://www.geocities.jp/edoitoayaturi_temp/edoito-01.html


場所:飯田市大平宿 紙屋


・日時:平成26810日(日)

           1010               開場、受付開始

           10301120    公演

           11301200    宿場の民家案内(大平建築塾実行委員がご案内いたします)

           12001300    昼食(各自ご持参ください)

                      ※以降は、大平建築塾の企画です。日帰り参加は無料です。

           13301600

「離村から45年、これからどうする大平」―後藤治先生と囲炉裏をかこんで座談会―

関連ブログ記事:http://sb-jin.seesaa.net/article/401552482.html


・参加方法:

@いいだ人形劇フェスタのワッペン(700円)を、当日現地でご購入ください。既にお持ちの方は、ご持参ください。尚、このワッペンでいいだ人形劇フェスタ期間中の他の公演も観覧することができます(別途有料チケットが必要な公演もあります)。

A大平建築塾に23日あるいは12日に参加申込みされている場合、参加費に上記ワッペン代を含みます。


いいだ人形劇フェスタのHPはこちらです(別のウィンドウが開きます):

http://www.iida-puppet.com/index.html



大平建築塾実行委員会 事務局
posted by 生活文化 at 16:49 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

大平建築塾2014のスケジュール

2014年の大平建築塾のスケジュールをお知らせいたします!


本年は第2期10回目ということもあり、例年の分科会や伐倒体験などの活動に加え、

人形劇公演や、座談会など、盛りだくさんの内容になっております。

※参加申込みされた方にはパンフレットを配布いたします。

参加希望人数・当日の天候によって、内容の変更を行うことがありますが、どうぞご了承ください。


大平建築塾2014 日程:2014年89日(土)〜11日(月)


スケジュール(7月17日更新)


9日(土)
13
00〜 長野県飯田市大平宿場内にて受付開始

JR飯田駅前でも集合予定です)

宿泊建物の掃除・障子はり等
14
30 開塾式
15
001700 分科会

関連記事:http://sb-jin.seesaa.net/article/401548772.html

1)木造学校・さかえ屋破損調査チーム

2)木造学校・八丁屋平面図実測チーム

3)周辺環境観察・整備チーム

1700〜 炊事、夕食、風呂焚き
19
00〜 懇親会、大平宿の歴史・スライド、分科会の報告


10日(日)
6
308:00 起床、炊事、朝食

800〜 上水取水口の点検(希望者のみ)、

周辺樹木伐倒体験(希望者のみ)

10301120 いいだ人形劇フェスタ プレゼント公演

「江戸糸あやつり人形」

11301200 宿場内案内(希望者のみ)

12001300 昼食

133016:00「離村から45年、これからどうする大平」

後藤治先生と囲炉裏をかこんで座談会

関連記事:http://sb-jin.seesaa.net/article/401552482.html

1700〜 炊事、夕食、風呂焚き
19
00〜 懇親会


11日(月)
8:00
12:00 炊事・食事、宿泊した建物の掃除

12:00  閉塾式、解散


大平建築塾実行委員事務局

posted by 生活文化 at 14:30 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

大平建築塾2014・特別企画

「離村から45年、これからどうする大平」
後藤治先生と囲炉裏をかこんで座談会

第2期の最終回をむかえるにあたり、特別企画です。
大平建築塾の2日目に開催いたします。

日程:8月10日(日)13301600
会場:大平宿(おおだいらじゅく)・紙屋

大平は、昭和45年に一斉離村となってから、45年をむかえようとしています。
飯田市の水源地でもある大平地区は、環境と歴史的景観・民家の保存が目指されてはいますが、
現在、建物は屋根や足元からの破損・腐朽が進んでおり、早急な手当を必要としています。

日本各地に「限界集落」が存在し、都心部までもが「消滅可能性都市」と呼ばれる現在、
歴史的建造物の空家化をいかに考えるかは、大平だけの問題ではありません。
全国に広がってきているこの状況、みなさまのところは如何に?

無住の里・大平は、どんなことをすると活かされるのか、沢山の課題がありますが、
まずは、頭をやわらかーくして、まずはざっくばらんに与太話からはじめましょう。

大平に関する質問やご意見、後藤先生への質問を事前に募集しています
下記、事務局までご連絡ください。
oodairakenchiku@gmail.com
(大平建築塾2014事務局 中村・海東)

---
後藤治先生・プロフィール
工学院大学教授。工学博士。
東京大学博士課程を中退後、文化庁文化財保護部建造物課文部技官、文化財調査官を歴任。
歴史的建築物及び町並の保存修復、歴史的建築物の保存に関わる制度、伝統的な木造建築の構法・技術を専門とする。
著書に、「市民と専門家が協働する 成熟社会の建築・まちづくり(2014)」、
「食と建築土木 たべものをつくる建築土木(2013)」、
「それでも『木密』に住み続けたい!路地裏で安全に暮らすための防災まちづくりの極意(2009)」など多数。
---

[
備考]
「限界集落」とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など

社会的共同生活の維持が困難になっている集落をいいます。
国土交通省の「過疎地域等における集落の状況に関するアンケート調査()」によると、
10
年以内に消滅の可能性のある集落が423集落、「いずれ消滅」する可能性のある集落が2,220集落、

合わせて2,643集落とされています。

 調査基準:2006年[平成18年]4月、2007年[平成19年]1月中間報告、

   2008年[平成20年]817最終報告


--------------------------------------------------

大平建築塾実行委員事務局
posted by 生活文化 at 20:54 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大平建築塾2014 分科会

発表をお待たせしました、2014年建築塾、1日目午後の分科会の内容が決定いたしました。


ご参加のみなさま、お申込み時に、3分科会の中で1つ、参加希望をご記入ください。
(参加希望人数・当日の天候によって、内容の変更を行うことがありますが、どうぞご了承ください。)

1)木造学校・さかえ屋破損調査チーム 
明治初期建築の民家「さかえ屋」の現状の調査を行います。
目視の確認に加え、柱の傾斜、不陸の記録を予定しています。
歴史的な木造建築の破損調査を体験できる分科会です。

2)木造学校・八丁屋平面図実測調査チーム 
江戸末期建築の民家「八丁屋」の実測調査を行います。
平面図、断面図などの実測を行う予定です。
伝統構法の建築をじっくり観察できる分科会です。

3)周辺環境観察・整備チーム 
2日目の朝の樹木伐採体験の下見、周辺樹木の与える民家への影響を確認します。
また、大平ならではの自然を体験しながら、大平宿内の草刈りなど周辺整備を行います。
外で体を動かしたい方、ぜひご参加ください。

建築塾参加をご希望のみなさま、お申込みどうぞお願いいたします

大平建築塾実行委員事務局
posted by 生活文化 at 19:47 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ