2017年06月16日

【大平建築塾2017】開催決定!

大平建築塾2017の開催が決まりました。

詳細は以下の通りです。


●日程:平成2985日(土)〜7日(月)

●場所:長野県飯田市大平宿(飯田と木曽をつなぐ峠にある茶屋宿。昭和45年に離村し現在は無住の里。)

●内容:江戸〜昭和初期に建てられた民家に宿泊し、囲炉裏と竈で食事つくり、障子はり、民家の周辺整備など生活の原体験、民家の実測・破損調査などをします。夜は、囲炉裏を囲んで懇親会、満点の星空の観察など。

●建築塾受講料(民家保存協力費(トラスト募金含む)、自炊食材代を含みます。):

2泊3日 大人15,000円、学生10,000円、小中学生5,000円、幼稚園生以下は無料。

1泊2日 大人12,000円、学生8,000円、小中学生4,000円、幼稚園生以下は無料。

日帰り参加:500円(民家保存協力費(トラスト募金含む)、食事は要予約、一食につき別途500円の自炊食材費をいただきます。

●持ち物:白米(ひとり3合程度)、寝袋(事前申込にて11000円でレンタル可能)ほか、詳しくは申込み受付け後にご案内いたします。 

●交通手段:自家用車/高速バス・電車

 移動費用は自己負担となります。飯田市から大平宿へはバス等がありません。飯田まで高速バス・電車でお越しの方は、JR飯田駅より参加者同士の乗りあわせ・事務局の車に同乗・タクシー利用となります。詳しくは申込受付け後、事務局からご連絡します。


お申込みは こちら♪ 


お問合わせ:大平建築塾事務局(生活文化同人)(高橋) 

        E-mail oodairakenchiku@gmail.com

posted by 生活文化 at 20:01 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

大平建築塾2016 活動報告その2

○8月21日〜2日目〜

★その1
今年は大平宿の民家を“登録有形文化財”の登録を目指して、
再調査を行いました。
登録するためには、
・建物図面
・所見
・写真
が必要となるので(厳密には他にももっと書類が必要です)、
家屋ごとのチームに分かれて調査を行いました。

調査を行った民家は

・おおくらや
おおくらや.JPG

IMG_0837.JPG
学生になにやら教えていますね。
とっても良い勉強になります。

・やまちょんおおくらや
やまちょん.JPG

IMG_0838.JPG
熱心にメモしていますね。

・大蔵屋
大蔵屋.JPG

IMG_0852.JPG
こちらは外部の破損状況を見ているのでしょうか。

IMG_0258.jpg
レーザーを使って、柱の不陸を調べています。

・中村屋
中村屋.JPG

IMG_0824.JPG
建物の所見を書くために、話し合っています。



★その2

水源地の整備を行いました。

P8215478.JPG

P8215479.JPG


★その3

おおくらやの土間を平らに整備しました。

人の靴の裏についた土が土間に運ばれて、
長い年月をかけて積り、でこぼこになってしまっていた土間。

特に流しの前が高くなっていて、洗い物をするときは、
腰が痛くなってしまいます。

RIMG0038.JPG

P8214571.JPG
クワとスコップで高くなっている部分の土を掘り返します。

P8215486.JPG
ひたすら掘ります。

IMG_0881.JPG
最後はたたき固めました。

P8214574.jpg

腰を曲げなくても作業できるようになりました



この日の夜は、星空観測日和でした。
星に詳しい参加者に解説してもらい、皆で星空を満喫しました

カメラ隊は、星空撮影会をしていましたよ📷

最終日につづく…

posted by 生活文化 at 00:00 | 2016報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

大平建築塾2016 活動報告その1

皆さんこんにちは!
8月20日〜22日にかけて、大平建築塾2016を開催しました。

大きな天候の崩れもなく、全日程を無事に終えることが出来ました。

image1 (1)のコピー.jpg


何回かに分けて、活動報告をさせていただきます。


〇8月20日

今年は
・おおくらや
・やまちょんおおくらや
・大蔵屋
・中村屋

の4棟を借りました。


IMG_0768のコピーのコピー.jpg

参加者全員がそろい、生活文化同人代表の新井聡さん(右から2番目)の挨拶と共に、
大平建築塾2016がスタートです!


P8204518.JPG

開塾式の後は、松本昌義さんによる民家解説です。
大平宿の成り立ちと、民家の特徴について説明していただきました。
皆さん真剣な表情で聞いています。



IMG_0776.JPG

中村屋にて。
実物を見ながらの解説は、とても勉強になります。


IMG_0122.jpg

続いて、火おこしのレクチャーを受けています。
簡単そうに見えますが、はじめての人は火をおこすのに苦労するんですよね。



P8200443.JPG

すぐに実践!
大平宿にはガスがないので、お風呂も薪で沸かします。



P8205463.JPG

こちらは障子の張り替え中です。


P8205469.JPG

風呂焚きと障子貼り、食事作り班に分かれて同時進行で作業をしました。



P8205472.JPG

囲炉裏では汁物と野菜の皮のきんぴらが完成間近です。


P8205475.JPG

初日の宴会が始まりました。
のこす会の方にもご参加いただき、今後の大平について熱く語ることが出来ました。

IMG_0789.JPG

はじめて大平宿に来た人たちも、日常生活とのギャップに驚きつつも
楽しんでいるようです。


その2へ続く。。。

続きを読む
posted by 生活文化 at 18:58 | 2016報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

大平建築塾2016開催のお知らせ

2016年大平建築塾の開催が決まりました。

詳細は以下の通りです。


●日程:平成26820日(土)〜22日(月)

●場所:長野県飯田市大平宿(飯田と木曽をつなぐ峠にある茶屋宿。昭和45年に離村し現在は無住の里。)

●内容:江戸〜昭和初期に建てられた民家に宿泊し、囲炉裏と竈で食事つくり、障子はり、民家の周辺整備など生活の原体験、民家の実測・破損調査などをします。夜は、囲炉裏を囲んで懇親会、満点の星空の観察など。

●参加費(宿泊費、食事代、薪代、300/泊のトラスト募金を含みます。):

2泊3日 大人15,000円、学生10,000円、小中学生5,000円、幼稚園生以下は無料。

1泊2日 大人12,000円、学生8,000円、小中学生4,000円、幼稚園生以下は無料。

日帰りは無料(但し、食事に参加の場合は、一食につき500円いただきます。)

●持ち物:白米(ひとり3合程度)、寝袋(事前申込にて11000円でレンタル可能)ほか、詳しくは申込み受付け後にご案内いたします。 


お問合わせ:大平建築塾事務局(生活文化同人)(中村・海東 もば建築文化研究所内) 

110-0001 東京都台東区谷中7−6−5 

TEL/FAX 03-6324-5801 E-mail oodairakenchiku@gmail.com



参加申込み←こちら


2016チラシ_ページ_1.jpg2016チラシ_ページ_2.jpg


「∧大蔵屋」


posted by 生活文化 at 19:36 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大平建築塾2016実行委員会のメンバーご紹介

2016年8月20(土)〜22日(月)に開催する、
大平建築塾2016実行委員会のメンバーをご紹介いたします。

大平建築塾は、「生活文化同人」のメンバーが、
毎年実行委員会を組織して運営しています。

【実行委員】(順不同、敬称略) 
   新井 聡 (アトリエヌック 代表、生活文化同人 代表)

 小林一元 (小林一元建築設計室 代表)  
 宮越喜彦 (木住研 代表) 
 松本昌義 (松本建築設計室 代表) 
 伊藤秀夫 (生活文化同人) 
 島田眞弓 (檪(くぬぎ)建築工房 代表) 
 西岡麻里子(アトリエ楽 一級建築士事務所 代表) 
 岩村治生 (株式会社 環研 所員、生活文化同人 事務局) 

 益子 昇 (生活文化同人)

 高橋和誠 (茅辮ン計 所員)

 宮内智也 (工学院大学大学院 建築学専攻 修士2年)
 梅田太一 (合同会社 もば建築文化研究所 代表) 
 中村文美 (合同会社 もば建築文化研究所 副代表) 
 海東壱子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)

 白川華子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)


----- 
大平建築塾2016
実行委員会 事務局 (中村・海東 もば建築文化研究所内) 
ホームページ http://sb-jin.seesaa.net/ 
〒110-0001 東京都台東区谷中7-6-5
TEL/FAX 03-6324-5801  
E-mail oodairakenchiku@gmail.com

posted by 生活文化 at 13:46 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ