2010年08月28日

大平建築塾2010<報告・その6・実測体験>

今年も分科会で実測体験を行いました。
大蔵屋さんの、平面図と立面図を作成。
実測を初めて体験する学生さんから、設計者の方も参加。

実行委員の小林一元さん指導により、
皆さん熱心に野帳を作成されました。

この成果物は、のこす会・飯田市にお渡しする予定でおります。

RIMG0112.jpg


大平建築塾2010 実行委員会
事務局 梅田・中村

posted by 生活文化 at 17:02 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

大平建築塾2010<報告・その5・人形浄瑠璃「黒田人形座」>

今年も夜会公演に、「黒田人形座」の皆様に来ていただきました。

※黒田人形座さんの紹介↓
http://sb-jin.seesaa.net/article/154824711.html

今年は
「忠臣蔵 本蔵 下屋敷の段」でした。
間近でみる人形浄瑠璃は迫力です!子供達もかじりついて見入っていました!

kuroda2010.JPG kuroda2010 (7).jpg
公演後のご挨拶。                  公演前に子供達にむけて人形のお話し。

kurodabutai (1).jpg

大平建築塾の帰り道、飯田市内にある、黒田人形座専用の人形劇舞台を見学。
高田座長にご案内いただきました!太い梁を用いた舞台は圧巻です!

黒田人形座の皆様、ありがとうございました!


大平建築塾2010 実行委員会
事務局 梅田・中村
posted by 生活文化 at 16:16 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

大平建築塾2010<報告・その4・囲炉裏と竃でごはん>

大平宿で宿泊するのは、江戸時代の民家。

参加者が自ら
囲炉裏と竃で、薪を割り、火をおこし、炊事をします。

一人で参加しても、家族で参加しても、
お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、子供達、3日間過ごすうちに
参加者全員が、自然と 大家族のようになります。

13_てんぷら.JPG   onigiri.jpg 

あまったご飯が、いつのまにか きれいな三角のおにぎりになって 笹の葉に包まれたり、
山で採ってきた山菜が天ぷらになったり。

大平ならではの食事を楽しめました!!

大平建築塾2010 実行委員会
事務局 梅田・中村
posted by 生活文化 at 15:50 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

大平建築塾2010<報告・その3・取水口の応急補修>

地元、大平宿をのこす会の皆様と共に、
大平宿へとつながる、水源取水口の、パイプ延長、
及び擁壁コンクリート下の土留めによる応急処置を行いました。

大平宿へは、近くの「黒川」から生活水を取水しています。
この取水口には、洪水にならないよう&水が干上がらないよう、工夫がされています。

現在、この黒川からの取水をしている擁壁コンクリートが崩壊しているため、
黒川の水流をイドッカワに取水できなくなっており、現状ではパイプにより取水を行っています。
近年、パイプ長さ不足と、現存している擁壁の割れにより取水に漏れがありました。

今回の建築塾では、応急処置として、まずパイプ4mの長さ延長を行いました。
また、コンクリート擁壁が、これ以上の崩壊するのを防ぐため
現存擁壁の下に、土嚢袋と石により、土留めを行いました。

suigenti-hosyu (12).jpg

ちょっとした土木工事でしたが、10名ほどで2時間作業を行い、応急処置ができました!


大平建築塾2010 実行委員会
事務局 梅田・中村
posted by 生活文化 at 15:33 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

大平建築塾2010<報告・その2・間伐体験>

40年前の一斉離村の際に植樹したといわれる唐松を、3本、間伐いたしました。
間伐した木材は、50cmに玉切して薪用として、今後、大平宿に宿泊される方々に
薪として活用していただるよう、軒下に積んできました!

kanbatu (9).jpg

間伐には、南木曽町の林業家(田中氏親子)の協力を得て、チェンソーにて実施いたしました。
建物と反対側に倒すよう切り口を決め、補助のロープは参加者大勢で引っ張り、無事終えることができました!

kanbatu (12).jpg

年輪を数えると、ちょうど40ほど!
大平宿が過ごした月日が刻まれています。。

大平建築塾2010 実行委員会
事務局 梅田・中村
posted by 生活文化 at 15:23 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

大平建築塾2010<報告・その1>

大平建築塾2010、ご参加の皆様、ありがとうございました。

お天気にも恵まれ、地元NPO大平宿をのこす会、もと住人の皆さま、飯田市のご協力のもと
とても充実した2泊3日を過ごすことができました。

↓ 閉塾式前の集合写真です。今年の参加者は40人超でした。
2010_syugou.jpg



追って、細かいご報告を、このブログでご紹介していきます。
ブログに掲載してもよい写真をお持ちの参加者の皆さまは、
ご感想を添えて、事務局までお願いいたします!

では、皆さん、また来年大平でお会いしましょう晴れ

大平建築塾2010 実行委員会
事務局 梅田・中村
posted by 生活文化 at 16:12 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

大平建築塾2010 パンフレット

大平建築塾2010に参加の皆さま

大変遅くなり申し訳ございません。
大平建築塾のパンフレットが完成いたしました。

こちらでダウンロードできますので、当日資料としてご持参ください。
 クリック⇒ oodaira2010pnf1.8MB.pdf

では、大平宿でお会いしましょう晴れ

事務局 梅田・中村

posted by 生活文化 at 12:38 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

大平建築塾2010(7月31日〜8月2日)

大平建築塾は、今年で第2期第6回目をむかえます。


親子で、お友達と、古い建物が好き、山が好き、川遊びが好き、草刈が好き、
囲炉裏とかまどを使ってみたい、伝統的木造の家や町並み保存について興味がある、
子供や大学生、建築の実務者等、色々な方々が出会い、大平宿を通して
日本の生活文化の原点を体感していただく機会になればと思います。


大平宿は、本年2月、準都市計画区域に指定され、自然環境と民家群を
保全していくための新たなスタートをきりました。

集団離村から40年目の今年、
大平宿に関わる人たちが手をつなぎ、保存再生の輪は、再び大きく広がろうとしています。
これから、大平宿の自然環境と、民家群はどのように保存再生されてゆくのか。


今の大平宿の姿を体感しに、是非ご参加ください。
この夏、大平宿の囲炉裏端で語らいましょう晴れ

posted by 生活文化 at 01:00 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

参加申込方法

1.参加申込フォームからお申込み下さい ⇒  ★申込みはこちらをクリック!★
       (Eメール/FAXでも申込み可能です。)

   ※ 参加申込み締め切りは、7月20日ですが
     まだ受付可能です!
     参加ご希望の方は、宿泊・食材手配のこともございますので
     お早めにお問合せ下さい。


2.その後、参加費を下記口座ににお振込み下さい。
 
  A.郵便貯金 総合口座番号

    記号 10040   番号 91126741 (末尾の1が必要です)


  B.ゆうちょ銀行の新しい口座番号
     店名 00八(ゼロゼロハチ) 番号 9112674 

  名義 生活文化同人事務局
  
  ※振込み手数料は、参加者でご負担下さい。
 

  ----------------------------------------------------------

  (1)ゆうちょ銀行(郵便局)の窓口から振込む場合
     電信振込は525円
      総合口座を持っていない人が、郵便局から振り込む場合、
      現金で窓口のみ可(ATMは不可)

     >>Aの番号をご使用下さい。


  (2)ゆうちょ銀行(郵便局)ATMから振り込む場合
     (手数料なし)
      総合口座を持っている人のみATMから振り込める(現金は不可)

     >>A、Bの番号どちらでも可。


  (3)他行の窓口、ATMから振り込む場合
     (手数料は高め、各行にお問合せください)
      現金でもカードでも可 
       >>Bの番号をお使いください。 
  ----------------------------------------------------------
  
3.受付後、事務局から注意事項等の、パンフレットをお届けいたします
       (Eメールもしくは郵送)。

posted by 生活文化 at 19:08 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜会公演は人形浄瑠璃「黒田人形座」

1日目の夜会公演ですが、昨年に引き続き、
地元飯田市から人形浄瑠璃の「黒田人形座」さんが来てくださることになりました!

演目は、昨年の「鎌倉三代記」とは別のものを、調整中です。

 元禄年間から一度も途切れることなく、約300年もの伝承されている伝統芸能を
大平宿で一番大きな民家「紙屋」で、間近に見ることができます。

 楽しみですね晴れ

黒田人形座のご紹介
 黒田人形の、太夫・三味線・人形遣いに携わる方々は、農業・商工業などの職業の傍ら、
伝統芸能の伝承に稽古を重ねる、上郷黒田にいお住まいの皆さんです。
中学生から70代まで、世代を超えて、日々稽古を積み重ねていらっしゃいます。

 元禄年間に伝えられた伝統芸能は、幕府の人形禁止令をだされました。しかし
先人達は、それにも隠れて人形芝居を行い、城内へ引き立てられたこともありました。
このように、郷土芸能への愛着と熱意をもって、伝承され、現在の黒田人形があるそうです。
 黒田人形の技は「文楽のような3人での人形遣いと浄瑠璃」と評され、
国選択重要無形民俗文化財に、指定されています。

 上郷黒田には、黒田人形専用の舞台(国指定重要有形民俗文化財)があります。
天保11年(1840)に、建替えられてもので、間口8間、奥行4間、総2階建、
瓦葺き、出桁造りで、「本格的・古さ・大きさ」が3拍子揃って、全国一ということです。
ここでの定期上演は、毎年4月第2土曜日・日曜日だそうです。

(参考資料:昨年いただいた「黒田人形パンフレット)

↓ 黒田人形座さんのホームページをご紹介します。
http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/puppet/kuroda/


kuroda.jpg
posted by 生活文化 at 12:01 | 2010建築塾案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ