2009年01月25日

■第1期−第1回大平建築宿(1994)

 山村宿場の遺構を残す大平宿は、1960年に住民が集団移住した後、飯田市民を中心とするボランティア運動で保存再生を図ってきました。当初からこの運動に多くの人達と関わってきた一人としては、飯田市が実施した今回の保存改修事業は、大平もようやくここまできたか、という感慨がひとしおです。しかしまだ保存再生の永続的なレールが敷かれたわけではありません。

 今年はその第1回を企画し、これを毎年開催してゆこうと考えている「大平建築宿」は、大平の保存再生をより確かなものにすることを狙いとしていますが、このイベントそのものの目的としては、歴史的な遺構を残す集落という願ってもない環境の中で、風土の一部をなす建築のあり方を、保存と創造の問題としてとらえ、そうした永遠のテーマについて討論し、自分達の仕事の質を向上させたいところにあります。大平宿の過去と現在については、詳しくは「住宅建築」誌の5月号に特集されていますが、今回の保存改修事業に関わった「大平宿設計会議」が事業の完結をもって解散し、新しく「歴史環境設計会議」として、より広い分野で活動しようとしています。

 このイベントを主催する「生活文化同人」は、メンバー的にはこれとかなりダプっておりますが、建築とか設計とかの範囲を越え、もっと広い生活文化という視点で活動している団体です。大平建築宿についての興味からでも結構ですし、歴史環境についての関心、あるいはまた風土と建築の関わり、そうした中で建築はどうつくるべきか、などなど、人によって関心や中身の程度はさまぎまですが、2泊3日合宿してのこのイベントはきっと楽しいものになるはずです。

(生活文化同人代表 吉田桂二)■参加者の感想を読む
posted by 生活文化 at 04:02 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

■第1期−第2回大平建築宿(1995)

 大平建築宿は、建築を「学」とか「術」としてとらえるのではなく、「実」ととらえての場にしたいと思っています.今年はその第2回、毎年ひらくつもりですが、その意味は、新しい問題を皆で考えてみようということ、それともうひとつは、この一年にそれぞれ考え行ってきた「実」についてレポートし、皆の実りにしようということがあります。

 大平建築宿の内容の企画は、生活文化同人の世話人会や事務局で考え、用意したものですが、それを聞きにくるといった消極的な参加ではなく、自分が考え行ってきたことをこの場で話してみよう、というような積極的な参加を望みたいと思います。
 大平建築宿の実りは、内容が計画通りスムーズに終了して得られるものもありますが、誰が何を持ち込んでくるかわからない、そんなものがあればあるほど充実すると思うのです。そうした期待のできる会、期待に心おどらせて参加する会にしてゆきたいものです。

 大平は、江戸時代中期に拓かれた脇・街道の茶屋宿です。残っている家々は、素朴ながら、緩い勾配の板葺石置屋根のシンプルな美しさを持っています。大平建築宿をここで開くことができるのは、集団移住で無住となったこの村を、ボランティア活動をベースにして守ってきた保存運動の歴史があってのこと、放置しておけば、倒壊してしまった家々を守ってきたからです。大平を造ってきた人達、無住になって以後守ってきた人達、そうした人達に対して私達は、ここで大平建築宿をひらくことができることを敬意をこめて感謝したいと思います。今年もまた盛会であることを願いつつ、心ある多くの人達が参加されることを期待します。

(生活文化同人代表 吉田桂二)■参加者の感想を読む
posted by 生活文化 at 11:05 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

■第1期−第3回大平建築宿(1996)・・・「歴史的遺産と我々の課題」

 提供する、或いは提供されるという言葉がある。

 それを、建築を、或いは住宅を提供する、提供されるというように使ってみると、現在の建築や住宅のつくられようの矛盾に気付くのではないか。

 もしこの言葉の中に矛盾を感じとるなら、事のはじまりは発想の原点にあることに気付くだろう。初めにボタンをかけ違うと最後までおかしなことになってしまう。

 大平建築宿に集うことの意味は、発想の原点を確かめあうことだろう。

  (生活文化同人代表 吉田桂二)



第3回(1996)・・・ 歴史的遺産と我々の課題」

◆基調対談「無住の集落となった大平宿」・・・本多勝一VS吉田桂二

◆「大平民家について語る」
 ・前半:「大平民家の系譜と南信州の民家体系」・・・吉田桂二・益子昇・高橋俊和
 ・後半:「新築の大平民家」・・・ 岡部隆幸・田原賢

◆分科会

 1)「暮らしと望ましい家のありかた」
      レポーター:長谷川順持、サポーター:斉藤彰

 2)「伝統技術を明日にいかす」
      レポーター:吉田桂二、サポーター:立松久昌

 3)「環境と共棲する家」
      レポーター:高橋昌巳+田島美沙子、サポーター:芳井浩

 4)「生活の道具をつくる」
      レポーター:羽場崎清人、サポーター:大平秀和

◆紙芝居「大平宿の物語」・・・吉田桂二
posted by 生活文化 at 11:11 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

■第1期−第4回大平建築宿(1997)・・・「近代化の功罪」

 大平建築宿は、今年で4年目を迎えます。
 この宿の目的に、大平宿の保存と再生があるのはいうまでもないことですが、ごく近年まで私達の生活の容器だった民家に僅か2泊3日とはいえ、住み手になることが体験できること、これがこの宿の大きな魅力であろうと思います。
 そうした体験の中から、現在、私達が住んでいる家と民家との大きな対比がいくつもの疑問となって、心の中にうずまくであろうと思います。
 この対比の中から、つかみとるものがあるとしたら、それは今回の宿のテーマとして掲げた「近代化の功罪」に他はありません。
 そうした認識こそが明日の私達の仕事の糧であるに相違ないはずです。
  (生活文化同人代表 吉田桂二)



第4回(1997)・・・「近代化の功罪」

◆基調講演「古い町並み これからの町並み」・・・西村幸夫

◆「大平宿に触れる」

 ・自然を食べる・・・吉崎英博氏をリーダーに山で野草を採集し天ぷらにして試食

  ・樹木の伐採・・・飛山龍一氏をリーダーに木を伐採

  ・大平宿のガイド・・・吉田桂二氏が大平宿を説明

◆分科会
 1)「町づくりの様々な作法」    
         レポーター:八甫谷邦明、サポーター:松井邦夫

 2)「住民参加のまちづくり」・・・    
         ファシリテーター:藤原惠洋+後藤朋子
        
 3)「古建築の修復と現代の工法の展開」・・・    
         レポーター:渡邊隆、サポーター:小林一元

 4)「自然を遊ぶ」    
         レポーター:羽場崎清人、サポーター:岡部知子

 5)「ドイツの郷土保護とエコロジー運動」
         (レポーター:赤坂信、サポーター:益子昇)

◆二人芝居「風の伝説 レジェンド(宮沢賢治作)」・・・劇団風の街
posted by 生活文化 at 11:22 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

■第1期−第5回大平建築宿(1998) ・・・「今、環境は」

 終わりを迎えようとしている20世紀は、人間がより豊かな社会になると信じて、築いてきた文明が、その実、かつてなかったほどの、地球の存在すら危うくする規模での、環境破壊を招いてしまった時代でした。21世紀の扉を開く時のキーワードが、環境保全でなければならないことは、誰しもの想いであるに違いありません。

 建築のあり方も、この問題を避けて通ることはできないと思うのです。第5回、今年の大平建築塾のテーマを、「今、環境は」としたのも、できるだけ多くの人が、この問題を自分の問題にしなければ、決して解決できないと考えるからです。

 大平建築塾はこれまで、人の輪をひろげるイベントとして、実績を積み重ねてきました。今年もまた、有意義な時間を、多くの人達と共にしたいと思います。私達が守ってきた廃村、大平宿の姿は、訪れた人に何物かを考えさせ、そこでの3日間は忘れられない時空間になるはずです。多くの方の参加を望みます。

 (生活文化同人代表 吉田桂二)



第5回(1998)・・・「今、環境は」

◆基調講演「今、環境は」・・・宇井純

◆分科会
 1)「環境と開発」
     レポーター:吉田桂二、サポーター:長谷川順持

 2)「母性と建築」
     レポーター:豊崎洋子、サポーター:内藤敬介

 3)「地域文化の自然観」
     レポーター:黒川恵、サポーター:江原幸壱

 4)「写真」    
     レポーター:近清武+須崎祐次+佐藤しんいち、サポーター:日影良孝

 5)「大平の川遊び」    
     インストラクター:羽場崎清人、サポーター:寺本雅男

◆コンサート 「アイヌ音楽の夕べ」・・・ オキ+鈴木キヨシ
posted by 生活文化 at 11:27 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

■第1期−第6回大平建築宿(1999) ・・・「町づくりの詩(うた)」

 今年の生活文化同人の行事テーマは、「町づくりの詩」である。

 町づくりという言葉には、既に手垢が付き過ぎていて、環境破壊に近い行為でさえ、この言葉で美化されていることがある。21世紀が、環境問題を人類が克服すべき命題として、幕をあけようとしている現在、環境保全が大合唱になりつつあることの中にも、ことの是非を問う叡智を必要としている。

 美化された言葉ではなく、具体的な行為の中に、真実を求めることが、建築をより健全なものにしてゆくに違いない。

 大平建築宿に集うことが、美化された言葉の集合であるなら、それは単なる仲間意識の確認に終わるであろう。

 言葉の中にある真実を純化することが、自分にとって重大事であるという意識があれば、大平での集合は、参加者それぞれの、個人的な蓄積として結果するに違いない。

 そうした意識を込めた参加を期待している。

 (生活文化同人代表 吉田桂二)



第6回(1999)・・・「町づくりの詩(うた)」

◆基調講演「地域の町づくり」−「谷根千」工房の活動を通じて− ・・・森まゆみ

◆「きこりの体験−木を切る・山の話−」・・・飛山龍一

◆分科会

 1)「町づくりと技術者の役割」・・・吉田桂二

 2)「模型づくり」・・・寺本雅男

 3)「母性と建築」・・・豊崎洋子

 4)「ピンホール写真」・・・畑 亮

 5)「自然と遊ぶ」・・・羽場崎清人

◆ジャズコンサート「炉ばたじゃずらいぶ」・・・ Be-spell
   
posted by 生活文化 at 11:32 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

■第1期−第7回大平建築宿(2000) ・・・「環境の自分化」

 21世紀を迎える年である。20世紀が、機械文明の究極の姿として、環境の絶望的破壊に立ち至って終ろうとしているとき、来るべき世紀に、人類に課せられた命題の最大のものが、環境保全であることは既に明白である。
 未来がどうなるか、と問いかけることは無意味な思考といってよい。未来をどうするか、論理の行動化が求められている。
 大平宿は、集団移住によって放棄されて以後30年、多くの人達の保存再生への関与がなければ、現在の姿はなかったであろう。ここに残されてきた民家群は、遠い過去から、この地に命を刻み込んできた人達の、生活の歴史を実証する存在であることに加えて、保存再生の歴史をさらに30年、堆積させてきたことも、既に継承すべき歴史になってきたと、自負してよいだろう。このことを論理の行動化と理解して間違いない。
 大平宿の保存再生活動が、環境保全に結ぶことはいうまでもないが、この活動は「おしかけ保存」の異名をとる、他人の所有物に不当に干渉する行為であったのかもしれない。しかし、環境の破壊に際して、これを保全しようとすれば、環境を自分化するという意識がなければ、行動することはできない。
 この自分化の意味には、もちろんのこと、私欲のための私有化という意味はなく、むしろその対極に相当する。誰もが自分化することによって、社会の共有物にしてゆくことができるという、行動化の論理によって成立する概念である。
 大平宿の保存再生は、今までのままで経過してゆけばよいのであろうか。21世紀に継続してゆくことを考えれば、永続性に多量の不安を残している。今回の「大平建築塾」のテーマは、全会を通じて、このことに焦点を結ぶべく企画されている。
 そのためには、参加する人達のそれぞれが、大平宿を前記の意味で「自分化」することが原動力となる。それは単に大平宿を対象としたところに止まるものではなく、環境保全活動のすべての原動力であろう。
 やや難解であったとは思うが、第7回「大平建築塾」のメインテーマを、「環境の自分化」とした意味は、以上の次第からである。
  (生活文化同人代表 吉田桂二)


第7回(2000) ・・・「環境の自分化」

◆基調講演
  「環境における「時間」の問題」・・・内山節

◆全体会議
  「大平の保存と再生、そして創造は」
               ・・・吉田桂二、桜井善実、米山淳一、羽場崎清人、松村茂利

◆分科会
  1)「保存と再生」・・・ 吉田桂二+降幡廣信
  2)「復元と技術」・・・ 戸張公之助
  3)「継承と創造」・・・ 小林一元+日影良孝
  4)「木こり体験」・・・ 羽場崎清人+田中淳司+飛山龍一

◆公演「胡弓演奏会」・・・ラコウ、チャン・ウェイ・ウェイ
posted by 生活文化 at 10:11 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

■第1期−第8回大平建築宿(2001) ・・・「環境再生は可能か?」

 21世紀を迎えた人類が当面する最大の課題が「環境」にあること、既に議論する必要もないほど、自明のことになっている。
 今や「環境保全」はあらゆるメディア、また商品のPRにも、このことに触れないものはない、といってよいほどの大合唱になってきている。
 しかし、この言葉の中身は明らかであろうか。これだけの大合唱になっているのなら、「環境保全」の実は着実に上がってきてよいと思うのだが、果たしてそれは期待してよいであろうか。
 保全すべき環境とは何か、その実体が見えていないまま、言葉だけが飛び交っているのだとしたら、いかに大合唱になろうとも何も変わらないという、恐るべき結果しかないのではないか。
 環境を構成している要素は、数えきれないほどである。すべてに対して考えよといわれても、限度があることは確かだ。しかしそれをよいことに、というよりはむしろ、自分に都合のよいことだけに注目して「環境保全」をうたい上げているように思えてならない。
 環境を構成している要素は、すべて整合しているわけではない。多くの矛盾を含んだものとして存在するのだから、近視眼的に見るだけでは決して実体を知ることはできないと思う。
 この建築塾の諸会合の中で、この話題を議題することは不可能であるけれども、各人の心の中にこの問題を据えておけば、さまざまな人と人とのふれあいの中で、自分なりにその理解を深めていくことができると思う。それが自分にとって成長の糧となるのである。
(生活文化同人代表 吉田桂二)


 
第8回(2001)・・・「環境再生は可能か?」

◆基調対談
  「歴史的建造物の保存と再生の技術」・・・吉澤政巳vs吉田桂二

◆分科会『つくる』
  1)「なんでも材料手染め」・・・ 豊崎洋子
  2)「木でつくろう」・・・ 飛山龍一
  3)「環境保全いろはカルタをつくる」・・・ 鈴木久子

◆分科会
  1)「電子情報時代の落とし穴」    ・・・    宮越喜彦
  2)「伝統技術の将来像」    ・・・    益子昇

◆公演「百鬼人形芝居 どんとろ」・・・ 岡本芳一
   
posted by 生活文化 at 10:08 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

■第1期−第9回大平建築宿(2002) ・・・「自然環境保全と木材資源の活用」

 衣食住の全般にわたる化学物質による汚染は、住宅空間においては「シックハウス」症候群と呼ばれるなど、多くの人達の告発によって根絶に向かいつつあります。
 農作においては「有機農法」、建築においては「自然素材」が、時代を先取りしたものとして評価を高めています。これは良いことであるに違いありません。
 しかし、評価を高めているということは、それを商えば「儲かる」ことを意味しているため、「この際これで一儲け」とか、「羊肉狗肉」の商法が混入しつつあることも事実です。これは「環境保全」という全人類的命題からの逸脱でしかありません。
 このため、生活文化同人では、『今、何故、木にこだわるのか』を、今年のテーマとし、例会を開いてきました。今年の「大平建築塾」は、このテーマについて、もっと多くの人達と共に語り合うことで、参加した人がそれぞれに、より本質的な理解に至ることを目標として開きます。
 基調講演をしてくださる木原啓吉さんは、大平宿の保存再生運動を、朝日新聞の1ページ大の大きさで最初にキャンペーンしてくださった恩人です。
 それから30年の年月が経ちました。
 その年月は何を意味しているのでしょうか。
 大平宿にとっては記念すべき講演です。多くの方々のご参加を求めます。
 (生活文化同人代表 吉田桂二)


 
第9回(2002)・・・「自然環境保全と木材資源の活用」

◆基調講演
  「木の文化」・・・木原啓吉

◆特別講義
  「木造建築の秘伝おしえます」・・・吉田桂二

◆分科会
  1)「地域材活用型住宅」・・・石川毅、聞き手:吉田桂二
  2)「なぜ、国産材にこだわるのか」・・・小川耕太郎
  3)「散策「天然林」」    ・・・田中淳司
  4)「三重の林業事情と私の取組み」・・・堀内広樹

◆公演「アフリカン太鼓」・・・わきたにじゅんじと「ニャニング」
posted by 生活文化 at 10:03 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

■第1期−第10回大平建築宿(2003) ・・・「保存と創造を結ぶ」

 学生時代に学校で木造建築術について学んだ人がいるだろうか。
 設計課題においても只の一回程度に過ぎないであろう。
 これは今に始まったことではない。おそらくは明治に大学教育が始まって以来のことであろう。木造は大工に任せておけばよい。と教師達は言っていたはずである。
 しかし今、機械で住宅を造ることが普遍化し、大工の熟練度に依存してきた伝統技術は殆ど滅亡寸前の危機的状況にある。
 木造建築に依存してきた者にとっては、この状況にどう立ち向かうべきか。伝統技術は従前のものを造ることで成立してきたが、それを、従前のままの建物を造ることのみに生かされるのであれば、それは博物館行きの技術になりはてるであろう。
 ここに現在の「保存と創造を結ぶ」命題がある。このテーマをより広範に深めてゆくためのきっかけを、この「大平建築塾」に期待したい。
 (生活文化同人代表 吉田桂二)



第10回(2003) ・・・「保存と創造を結ぶ」


◆スケジュール
期間:8月2日(土)〜8月4日(月)
8月2日(土)
    12:00〜     受付
    13:30〜14:00    開宿式
    14:00〜15:00    大平塾の見学
    15:00〜17:00    木こり体験
    18:30〜20:00    夜会公演・・・山本竹勇「津軽三味線」
    20:00〜    全体懇親会

8月3日(日)
     9:30〜11:30    分科会1・2
    13:00〜15:00    分科会3・4
    15:30〜17:00    基調講演・・・吉田桂二
    20:00〜    各棟懇親会

8月4日(月)
     9:30〜11:30    障子張替え、後片付け
    11:30〜12:00    閉宿式、総括、解散



◆基調講演  
  「保存と創造を結ぶ」・・・吉田桂二
   
◆分科会 内容  
  1)「伝統的木造技術の課題と可能性」・・・宮越 喜彦
  2)「ひとたち折り紙の創作、実演」・・・山本 厚生
  3)「建築家 吉田桂二分析」・・・若手建築家グループ 
  4)「集落のデザインエッセンスを今に生かす」・・・長谷川順持
posted by 生活文化 at 10:00 | 第1期−大平建築宿(94-03) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ