2017年07月31日

【大平建築塾2017】分科会

2日目に行われる分科会の内容が決定しました。

◎第一分科会:建具を学ぶ
  大平の旧街道沿いの建具は、建築当初から幾度かの改変があります。
  建築当初から、離村する昭和45年までの間の改変、
  平成3年の「ふる特事業」の際に行なわれた復原整備、
  その後ガラス戸等に入れ替えが行われました。
  大平の建具の変遷を学び、建築当初の造りはどのようなものだったのか、
  その工夫を学び、「からまつや」を対象にして
  建具の修繕と復原設置を試みます。

◎第二分科会:軸組の歪みを学ぶ
 大平の民家の傾き・不陸を調査し、軸組の歪みの原因とその様子を学びます。
 今回は、「藤屋」あるいは「八丁屋」(予定)を対象として、
 歪みを確認し、軸組を部分的にジャッキアップするなど、応急的に不同沈下を
 修正する試みを行ないます。

◎第三分科会:昔の暮らしを学ぶ
 林業や炭焼き、畑仕事、養蚕、子供のあそびやお手伝い、祭り…、
 大平に離村時まで暮らした住人の方をお招きし、
 当時のお聞きしながら、その内容を地図に記録していきます。
 大平の昔の暮らしを学び、未来に伝えるマップづくりです。

ご参加の皆様は、どれか一つ、興味のある分科会にご参加ください! 

参加希望人数・当日の天候によって、内容の変更を行うことがありますが、
どうぞご了承ください。
続きを読む
posted by 生活文化 at 18:00 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

【大平建築塾2017】スケジュール

皆様お待たせしております
スケジュールが決定しました!


8月5日(土)‐‐------------‐‐------------‐‐------------‐‐------------

13:30 受付開始
14:30 開塾式
15:00 大平宿内の民家見学
16:30 炊事・風呂焚き
18:00 大平宿の昔と今を語る会・懇親会
     うどん仕込(翌日の昼ごはん)         


8月6日(日)‐‐------------‐‐------------‐‐------------‐‐-----------

6:30   起床、朝食
9:30   分科会
      ▼実践!民家整備! (からまつや、八丁屋)
        ⇒柱の不陸調整や、建具の整備など、
         体を動かして民家を整備してみましょう!         
      ▼大平宿マップを作ろう!
        ⇒大平宿の元住人の方から当時の生活の様子を聞きながら、
         マップを作ります!
11:30 昼食準備
     K20D9497のコピー.jpg  
12:00 昼食
13:30 分科会のまとめ
14:00 大平宿散策ツアー
        ⇒大平宿に関わり始めて20年以上の建築の専門家から
         直接解説していただきます。
15:00 人形劇 ⇒詳しくはこちら!
16:00 炊事、風呂焚き
19:00 夕食


8月7日(月)‐‐------------‐‐------------‐‐------------‐‐-----------

7:00  朝食、宿泊した建物の掃除
8:30  イドッカワの整備 ⇒イドッカワとは?
     分科会仕上げ
12:00  閉塾式


今年はこのようなスケジュールでやっていく予定です!
空き時間は、ご自由に大平宿を満喫ください


お申込みは こちら♪ 

posted by 生活文化 at 20:52 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

大平建築塾2017実行委員会メンバー

2017年8月5(土)〜7日(月)に開催する、
大平建築塾2017実行委員会のメンバーをご紹介いたします。

大平建築塾は、「生活文化同人」のメンバーが、
毎年実行委員会を組織して運営しています。

大平建築塾2017実行委員(生活文化同人)(順不同、敬称略) 

   新井 聡 (アトリエヌック 代表、生活文化同人 代表)

 小林一元 (小林一元建築設計室 代表)  
 宮越喜彦 (木住研 代表) 
 松本昌義 (松本建築設計室 代表) 
 伊藤秀夫 (生活文化同人) 
 島田眞弓 (檪(くぬぎ)建築工房 代表) 
 西岡麻里子(アトリエ楽 一級建築士事務所 代表、生活文化同人 事務局)

 飛山龍一 (独立行政法人 農林漁業信用基金)

 有里公徳   (有建築設計所) 
 岩村治生 (株式会社 環研 所員) 

 益子 昇 (生活文化同人)

 梅田太一 (合同会社 もば建築文化研究所 代表) 
 中村文美 (合同会社 もば建築文化研究所 副代表) 
 海東壱子 (小林一元建築設計室 所員)

 白川華子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)

 高橋和誠 (茅辮ン計 所員、大平建築塾 事務局)

 宮内智也 (前田建設工業株式会社 社員)

 萩原遼太 (武蔵野美術大学 建築学科 学部3年)


posted by 生活文化 at 19:00 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

【大平建築塾2017】人形劇 プレゼント公演決定!!

今年の建築塾の開催日は、飯田市で「いいだ人形劇フェスタ」が開催されています!

そこで、今回は特別に大平宿にも人形劇団をお呼びします

歴史的な古民家の中での公演、たいへん貴重な機会です!

……………………………………………………………………………………………………………………………………

よろず劇場とんがらし
ザ・ドラマティック腹話術
「おおかみと七ひきのこやぎ」

作・演出 なりたりょうじ
人形美術 おおはらしげる

●日時:平成29年8月6日(日)
    14:00~ 大平宿散策ツアー(紙屋前集合)
              大平宿実行委員会が宿場内をご案内します
    15:00~ よろず劇場とんがらし 公演(30分程度)

●会場:紙屋(大平宿)

●料金:建築塾参加者は、受講料に含まれています。
     当日に人形劇のみご観覧の方は、
   「いいだ人形劇フェスタ参加証ワッペン(700円)」が必要となります。
    事前に購入いただくか、当日に会場で購入することもできます。

 【よろず劇場とんがらしHP】

 【いいだ人形劇フェスタHP】
……………………………………………………………………………………………………………………………………


建築塾は日帰りでの参加も受付中なので、飯田市内の方は気軽に日帰りで大平宿に

登ってきてみてはいかがでしょうか

また、人形劇の前には大平宿散策ツアーも企画しています。

そちらも合わせてのご参加、お待ちしております!

日帰り参加の方も こちら♪ よりお申し込みください!

今年はイベントが盛りだくさんで、楽しみですね


oodaira2017人形劇_表チラシ.jpg
posted by 生活文化 at 20:13 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

大平建築塾の過ごし方

大平建築塾では、周辺整備や食事準備、懇親会など、
タイムスケジュールが組まれていますが、
家長が集合をかける時間以外は、皆、思いのままに過ごしています。

縁側に寝転んでのーんびり空を眺めたり、
釣りをしに出かけたり、
破れた障子をコツコツなおしたり、
宿場内をお散歩したり、
囲炉裏の火の当番したり、
薪割りに精を出したり、
他の参加者とお話したり、
自分にあった過ごし方を見つけてみてください◎

なので、おひとりで参加されても、お子様と参加されても、
楽しい時間が過ごせると思います。

2012_simokamiya.JPG
特等席を見つけたようです◎


2012_syouji.JPG
破れた障子の穴を埋めていく〜◎

2012_sora.JPG
大平宿の空は近い!雲もイキイキ、時には雷もイキイキ!?


大平建築塾実行委員会 事務局 

posted by 生活文化 at 11:13 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

【大平建築塾2017】開催決定!

大平建築塾2017の開催が決まりました。

詳細は以下の通りです。


●日程:平成2985日(土)〜7日(月)

●場所:長野県飯田市大平宿(飯田と木曽をつなぐ峠にある茶屋宿。昭和45年に離村し現在は無住の里。)

●内容:江戸〜昭和初期に建てられた民家に宿泊し、囲炉裏と竈で食事つくり、障子はり、民家の周辺整備など生活の原体験、民家の実測・破損調査などをします。夜は、囲炉裏を囲んで懇親会、満点の星空の観察など。

●建築塾受講料(民家保存協力費(トラスト募金含む)、自炊食材代を含みます。):

2泊3日 大人15,000円、学生10,000円、小中学生5,000円、幼稚園生以下は無料。

1泊2日 大人12,000円、学生8,000円、小中学生4,000円、幼稚園生以下は無料。

日帰り参加:500円(民家保存協力費(トラスト募金含む)、食事は要予約、一食につき別途500円の自炊食材費をいただきます。

●持ち物:白米(ひとり3合程度)、寝袋(事前申込にて11000円でレンタル可能)ほか、詳しくは申込み受付け後にご案内いたします。 

●交通手段:自家用車/高速バス・電車

 移動費用は自己負担となります。飯田市から大平宿へはバス等がありません。飯田まで高速バス・電車でお越しの方は、JR飯田駅より参加者同士の乗りあわせ・事務局の車に同乗・タクシー利用となります。詳しくは申込受付け後、事務局からご連絡します。


お申込みは こちら♪ 


お問合わせ:大平建築塾事務局(生活文化同人)(高橋) 

        E-mail oodairakenchiku@gmail.com

posted by 生活文化 at 20:01 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

大平建築塾2016開催のお知らせ

2016年大平建築塾の開催が決まりました。

詳細は以下の通りです。


●日程:平成26820日(土)〜22日(月)

●場所:長野県飯田市大平宿(飯田と木曽をつなぐ峠にある茶屋宿。昭和45年に離村し現在は無住の里。)

●内容:江戸〜昭和初期に建てられた民家に宿泊し、囲炉裏と竈で食事つくり、障子はり、民家の周辺整備など生活の原体験、民家の実測・破損調査などをします。夜は、囲炉裏を囲んで懇親会、満点の星空の観察など。

●参加費(宿泊費、食事代、薪代、300/泊のトラスト募金を含みます。):

2泊3日 大人15,000円、学生10,000円、小中学生5,000円、幼稚園生以下は無料。

1泊2日 大人12,000円、学生8,000円、小中学生4,000円、幼稚園生以下は無料。

日帰りは無料(但し、食事に参加の場合は、一食につき500円いただきます。)

●持ち物:白米(ひとり3合程度)、寝袋(事前申込にて11000円でレンタル可能)ほか、詳しくは申込み受付け後にご案内いたします。 


お問合わせ:大平建築塾事務局(生活文化同人)(中村・海東 もば建築文化研究所内) 

110-0001 東京都台東区谷中7−6−5 

TEL/FAX 03-6324-5801 E-mail oodairakenchiku@gmail.com



参加申込み←こちら


2016チラシ_ページ_1.jpg2016チラシ_ページ_2.jpg


「∧大蔵屋」


posted by 生活文化 at 19:36 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大平建築塾2016実行委員会のメンバーご紹介

2016年8月20(土)〜22日(月)に開催する、
大平建築塾2016実行委員会のメンバーをご紹介いたします。

大平建築塾は、「生活文化同人」のメンバーが、
毎年実行委員会を組織して運営しています。

【実行委員】(順不同、敬称略) 
   新井 聡 (アトリエヌック 代表、生活文化同人 代表)

 小林一元 (小林一元建築設計室 代表)  
 宮越喜彦 (木住研 代表) 
 松本昌義 (松本建築設計室 代表) 
 伊藤秀夫 (生活文化同人) 
 島田眞弓 (檪(くぬぎ)建築工房 代表) 
 西岡麻里子(アトリエ楽 一級建築士事務所 代表) 
 岩村治生 (株式会社 環研 所員、生活文化同人 事務局) 

 益子 昇 (生活文化同人)

 高橋和誠 (茅辮ン計 所員)

 宮内智也 (工学院大学大学院 建築学専攻 修士2年)
 梅田太一 (合同会社 もば建築文化研究所 代表) 
 中村文美 (合同会社 もば建築文化研究所 副代表) 
 海東壱子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)

 白川華子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)


----- 
大平建築塾2016
実行委員会 事務局 (中村・海東 もば建築文化研究所内) 
ホームページ http://sb-jin.seesaa.net/ 
〒110-0001 東京都台東区谷中7-6-5
TEL/FAX 03-6324-5801  
E-mail oodairakenchiku@gmail.com

posted by 生活文化 at 13:46 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

大平建築塾の活動 伝木賞奨励賞を受賞

「NPO法人 伝統木構造の会」の創立10周年記念事業として、「伝木賞」が創設されました。
我々「大平建築塾」の活動も業績部門に応募をし、パネル2枚とプレゼン審査の末、8月31日に奨励賞をいただきました!
力作が揃う中で、20年間の継続した活動を評価いただき、大変うれしいのと、身が引き締まる思いです。
これまで大平建築塾を支えていただきましたみなさま、建築塾に参加いただいたみなさまに改めて感謝申し上げます。

応募しましたパネルを掲載させていただきます。

伝木賞_大平建築塾1_s.jpg

伝木賞_大平建築塾2_s.jpg
事務局
posted by 生活文化 at 16:47 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

大平建築塾2014(第2期10回)・報告

大平建築塾2014ご参加の皆様、お疲れ様でした。

今年の大平建築塾は、
台風11号最中の開催となりましたが、飯田市や大平宿をのこす会をはじめとした地元の皆様、
参加者の皆様に支えられ、無事終えることができましたことを、
実行委員一同心より感謝申し上げます。

無事と申しましても、山道の往復で、倒木と戦ってくださった方が多々おられます。
心身ともにご苦労おかけしてしまい、大変心苦しくも、
悪天候ながら、予定していた調査や整備・公演等を実施することができましたことを
重ねて御礼申し上げます。
誠にお世話になりました。ありがとうございました。

第1期から数えると
20年間続けた大平建築塾。

第1期は、150名を超える参加者があり大変な賑わいでした。
第2期は、募集人数を控え、これまで建築塾で行った調査成果等を、
地元の皆様に役立てていただくために試行錯誤した10年間でした。

今回の大平建築塾で、後藤治先生や参加者の皆様と行った座談会により、
これから目指す方向性も見えてきたように思います。

今後の開催有無については、実行委員会で協議をして、
このブログでもご報告していきたいと思います。

 大平で、また皆様とお会いできますことを願っております 


syuugou01_2014.JPG
写真は開塾式後の集合写真です。
今年は、地元からの日帰り参加者も含めると総勢66名の参加でした。
詳しい内容は、追ってご報告させていただきます◎


大平建築塾実行委員会 事務局 中村・海東
posted by 生活文化 at 13:29 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ