2009年02月22日

大平宿の風景 昔と今(2)

明治45年の絵葉書
 明治45年の絵葉書(B)・・・紅葉名勝大平全景

ルポルタージュ「集団移住」
(A)ルポルタージュ「集団移住」
郵便局と満寿屋紙屋の軒下より満寿屋を見る
 昭和31年2月の大雪(B) 郵便局と満寿屋 紙屋の軒下より満寿屋を見る(2007年)
 
満寿屋横(郵便局跡)からまつやを見る
 満寿屋横(郵便局跡)からまつやを見る(2008)

山の架線場から宿場側を見る。下紙屋手前に見える台が集材関係に使われていた
山の架線場から宿場側を見る。(A)
左に蔵のある民家が「紙屋」。右に平入りで見えるのが「下紙屋」でその横あたりに架線を引き集材していたようだ。

下紙屋手前に見える台が集材関係(渡場)に使われていたのだろう。(B)
 下紙屋(1997年夏)
 下紙屋(1997年夏)

今の様子(2008年)下紙屋は平成12年に焼失の後に再建されている
 今の様子(2008年)下紙屋は平成12年(2000年)に焼失の後に再建されている
 下紙屋の説明 下紙屋の説明
  
 <1> <2> <3>


【大平宿の風景 昔と今の最新記事】
posted by 生活文化 at 18:53 | 大平宿の風景 昔と今 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。