2016年09月20日

大平建築塾2016活動報告 その1

今年も大平建築塾2016が8月20日~22日にかけて行われました。
その様子を何回かに分けて報告させていただきます!

〇8月20日


P8204518.JPG

続きを読む
posted by 生活文化 at 20:21 | 2016報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

大平建築塾2016開催のお知らせ

2016年大平建築塾の開催が決まりました。

詳細は以下の通りです。


●日程:平成26820日(土)〜22日(月)

●場所:長野県飯田市大平宿(飯田と木曽をつなぐ峠にある茶屋宿。昭和45年に離村し現在は無住の里。)

●内容:江戸〜昭和初期に建てられた民家に宿泊し、囲炉裏と竈で食事つくり、障子はり、民家の周辺整備など生活の原体験、民家の実測・破損調査などをします。夜は、囲炉裏を囲んで懇親会、満点の星空の観察など。

●参加費(宿泊費、食事代、薪代、300/泊のトラスト募金を含みます。):

2泊3日 大人15,000円、学生10,000円、小中学生5,000円、幼稚園生以下は無料。

1泊2日 大人12,000円、学生8,000円、小中学生4,000円、幼稚園生以下は無料。

日帰りは無料(但し、食事に参加の場合は、一食につき500円いただきます。)

●持ち物:白米(ひとり3合程度)、寝袋(事前申込にて11000円でレンタル可能)ほか、詳しくは申込み受付け後にご案内いたします。 


お問合わせ:大平建築塾事務局(生活文化同人)(中村・海東 もば建築文化研究所内) 

110-0001 東京都台東区谷中7−6−5 

TEL/FAX 03-6324-5801 E-mail oodairakenchiku@gmail.com



参加申込み←こちら


2016チラシ_ページ_1.jpg2016チラシ_ページ_2.jpg


「∧大蔵屋」


posted by 生活文化 at 19:36 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大平建築塾2016実行委員会のメンバーご紹介

2016年8月20(土)〜22日(月)に開催する、
大平建築塾2016実行委員会のメンバーをご紹介いたします。

大平建築塾は、「生活文化同人」のメンバーが、
毎年実行委員会を組織して運営しています。

【実行委員】(順不同、敬称略) 
   新井 聡 (アトリエヌック 代表、生活文化同人 代表)

 小林一元 (小林一元建築設計室 代表)  
 宮越喜彦 (木住研 代表) 
 松本昌義 (松本建築設計室 代表) 
 伊藤秀夫 (生活文化同人) 
 島田眞弓 (檪(くぬぎ)建築工房 代表) 
 西岡麻里子(アトリエ楽 一級建築士事務所 代表) 
 岩村治生 (株式会社 環研 所員、生活文化同人 事務局) 

 益子 昇 (生活文化同人)

 高橋和誠 (茅辮ン計 所員)

 宮内智也 (工学院大学大学院 建築学専攻 修士2年)
 梅田太一 (合同会社 もば建築文化研究所 代表) 
 中村文美 (合同会社 もば建築文化研究所 副代表) 
 海東壱子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)

 白川華子 (合同会社 もば建築文化研究所 所員)


----- 
大平建築塾2016
実行委員会 事務局 (中村・海東 もば建築文化研究所内) 
ホームページ http://sb-jin.seesaa.net/ 
〒110-0001 東京都台東区谷中7-6-5
TEL/FAX 03-6324-5801  
E-mail oodairakenchiku@gmail.com

posted by 生活文化 at 13:46 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

大平建築塾の活動 伝木賞奨励賞を受賞

「NPO法人 伝統木構造の会」の創立10周年記念事業として、「伝木賞」が創設されました。
我々「大平建築塾」の活動も業績部門に応募をし、パネル2枚とプレゼン審査の末、8月31日に奨励賞をいただきました!
力作が揃う中で、20年間の継続した活動を評価いただき、大変うれしいのと、身が引き締まる思いです。
これまで大平建築塾を支えていただきましたみなさま、建築塾に参加いただいたみなさまに改めて感謝申し上げます。

応募しましたパネルを掲載させていただきます。

伝木賞_大平建築塾1_s.jpg

伝木賞_大平建築塾2_s.jpg
事務局
posted by 生活文化 at 16:47 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

大平建築塾2014(第2期10回)・報告

大平建築塾2014ご参加の皆様、お疲れ様でした。

今年の大平建築塾は、
台風11号最中の開催となりましたが、飯田市や大平宿をのこす会をはじめとした地元の皆様、
参加者の皆様に支えられ、無事終えることができましたことを、
実行委員一同心より感謝申し上げます。

無事と申しましても、山道の往復で、倒木と戦ってくださった方が多々おられます。
心身ともにご苦労おかけしてしまい、大変心苦しくも、
悪天候ながら、予定していた調査や整備・公演等を実施することができましたことを
重ねて御礼申し上げます。
誠にお世話になりました。ありがとうございました。

第1期から数えると
20年間続けた大平建築塾。

第1期は、150名を超える参加者があり大変な賑わいでした。
第2期は、募集人数を控え、これまで建築塾で行った調査成果等を、
地元の皆様に役立てていただくために試行錯誤した10年間でした。

今回の大平建築塾で、後藤治先生や参加者の皆様と行った座談会により、
これから目指す方向性も見えてきたように思います。

今後の開催有無については、実行委員会で協議をして、
このブログでもご報告していきたいと思います。

 大平で、また皆様とお会いできますことを願っております 


syuugou01_2014.JPG
写真は開塾式後の集合写真です。
今年は、地元からの日帰り参加者も含めると総勢66名の参加でした。
詳しい内容は、追ってご報告させていただきます◎


大平建築塾実行委員会 事務局 中村・海東
posted by 生活文化 at 13:29 | 案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ